上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.05 水彩
ひとつ前の日記でのスケブ絵、妙に絵の具の発色よく出るしにじみもやりやすいなと思いながら描いてたのですが、昔結構奮発して買った2500円くらいするワットマン水彩紙のスケブだったことを思い出しました。 

発掘してから「ページの空いてるスケブがあるぜヒャッホー」とか言いながら凄くどうでもいいスケッチとかに使ってしまってましたよ…

20071005192505.jpg

↑気を取り直してちゃんと(?)マルマンの安いスケブにも描きました。広い面を塗ったりぼかしを多用しようとするとしんどいです。

黒須さんの自画像を描くのがごく一部の絵描きの間で流行中です

20071005193640.jpg

↑ついでなので、これは若かりし学生の頃に描いたやつですが当時食費をおおいに削って買った最高級水彩紙「アルシュ」で描いたものです。20枚で6500円ナリ。

こちらはケチりすぎて現在に至るまで2枚しか消費していません(^_^;

さすがに発色の良さや絵の具の食いつきの良さは特筆ものでしたが、あまりエッジがきかないので漫画絵に使うにはちょっとじゃじゃ馬です。


あと余ってた木炭デッサン用の紙を使ってみたこともありますが、結構水彩っぽい表現にも使えてびっくりしました。表面がザラザラしてるのに意外とGペンでのペン入れにも不自由がなくて、商業漫画を1本まるごと木炭紙に描いたこともあります。
16.jpg


しかしここまで語っておいて何ですが水彩で描くのはどちらかというと不得意です(;‘ー‘)
ちょっとしたスケッチには手軽で楽しいのでよく使うんですが、ガチで作品作ろうとすると必ずどこかで失敗して収拾が付かなくなる自信がありますよ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suidenget.blog111.fc2.com/tb.php/35-bdfed905
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。