上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.11 あわわ
気が付けば1ヶ月…! 
↓とりあえず頂いていた拍手の返事だけでも…!
>幻想改革すごい良かったです、ものすごい楽しめました

ありがとうございます!

>恐怖の幻想改革聴きました。素晴らしいアレンジです。C75の新作CDの中でも一、二を争う当たりでした。
>自分は今までHR/HMばかり聴いていてプログレには疎かったのですが、すいでんげつさんのプロフィールを
>参考にプログレにも手を出してみようと思いました。これからの活動も楽しみにしています。

うちのプロフィールに書いてるプログレは結構偏ってますよ…! 全体的には陰鬱系やクサメロ系が多いのでHM系をよく聴く方には比較的相性がいいラインナップかもしれません。
ドラマティック系な組曲モノではNEW TROLLS「Concert Grosso」シリーズやMuseo Rosenbach「ツァラトゥストラ組曲」あたりは特にオススメしたいです。

>委託で恐怖の幻想改革購入させていただきました。プログレを普段あまり聞かない私でさえハイクオリティだと
>感じました。これからも期待しております。

どうもです~。コアなプログレ聴きじゃない人にも楽しんでもらえると良いなと思って作ったので嬉しいです。


>他のサークルと間違って買った「恐怖の幻想改革」 一番多く聞いてますw

それもまた巡りあわせですね!

>とても素敵なアレンジで聞いてて心地よかったです。これからも応援してます!

ありがとうございます~。全体的に僕の好きなシンフォ系プログレの要素が出まくっています。

> 『恐怖の幻想改革』にいたく感銘を受けたので、僭越ながら拍手の方を送らせて頂きます。
>ジャケットやブックレットも含めて、これほどまでに一つの作品としての完成度が高い東方アレンジCDに出会えたのは初めてです… もうこれまでに何度聴いたか分かりません。怒涛の奇数拍子、めまぐるしく変化していく曲調、小ぎみよいドラミング、往年のprog-rockに必要不可欠であると言っても過言ではないメロトロンが奏でる旧き善き哀愁のメロディー、濃密なパチュマリ成分 etc…すいでんげつ氏のプログレと東方への並々ならぬ情熱はしかと受け取らせてもらいました。

ちょっと長いので引用を省略しましたが、ありがとうございます! プログレといえばアルバム全体で1つの作品という意識の強さも特色ですが、原曲を大幅に崩してる部分やオリジナルのパートもあくまで東方のキャラと世界観を元にイメージを起こしていますので、その点では統一ができたかなと思います。
ブルッフォードの引退は驚きましたね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suidenget.blog111.fc2.com/tb.php/107-b9d5340d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。