上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ更新のネタもないので、2008年に発行した東方アレンジCD『恐怖の幻想改革』のmidiデータを公開します(ゲストのYSさんのアレンジは除く)

ローランドGSフォーマット用DTM音源(SC-55以降)で鳴らせるように軽く調整しています。
MSGS+Windows Media Playerでも再生できますが、QuickTimePlayerだと再生がバグります。

個人使用での範疇に限り、お手持ちの音源で再生するなり、シーケンサで開いてニヤニヤするなりご自由に!


Tr.1 『幻想の始まり』
http://www.suidengetsu.com/genso/midi/gensounoGS.mid

Tr.2 『チルノのお昼寝』
http://www.suidengetsu.com/genso/midi/chirnoGS.mid

Tr.4~8 『組曲紅魔館』
http://www.suidengetsu.com/genso/midi/KUMIKYOKU_GS.mid

Tr.9 『お嬢様は眠り、館は平穏を取り戻す』
http://www.suidengetsu.com/genso/midi/ojousamaGS.mid


CDで『チルノのお昼寝』の途中から入る効果音はマウスで演奏するタイプのシンセの音なのでmidiデータには入ってません
『組曲紅魔館』は約38分という長大なデータですので、シーケンサで読み込むと固まるかも?(^_^;)

http://www.suidengetsu.com/genso/midi/gensounohajimai_por.mid
http://www.suidengetsu.com/genso/midi/chirno_por.mid
http://www.suidengetsu.com/genso/midi/KUMIKYOKU_GM_por.mid

SC~SD系以外のGM対応シンセで再生するとシンセの音がオナラみたいになる場合がありますので、その場合はこちらのポルタメントパラメーターを弱くしたデータで再生してみて下さい

http://www.suidengetsu.com/genso/midi/Genso_SC55.mp3
こちらは上のmidiデータの1つをSC-55で鳴らしてみたものです。90年代からDTMをやっていた方にとっては懐かしい音色だと思います。
実際のCDでは、主にSonikSynth2、PlugSound、Addictive Drums、ProminyLPC といったソフトシンセを使っていました。
スポンサーサイト
さて1年がかりで完成させることができた同人音楽CD恐怖の幻想改革。
作ってる最中は猪突猛進していられたものの、こうして冷静に中身を振り返るようになるとあまりにやりたい放題で「本当にいいの?これ」 みたいな不安があったりもしますが、多くの人に手にとってもらえるといいなぁと思います。

なんといってもこれまで長年、音楽の発表機会については、”絵描きのHPに何故か存在する音楽コーナー”という、「寿司屋に何故かラーメンが!」みたいな胡散臭さから極端にアクセスの少ないページ上での公開でしたからね。

知り合いでさえ僕が音楽作りをしてることを知らない人が多いくらいの状態で、長いこと自分で作って自分で聴くみたいな感じで活動も低めのモチベーションでしたが(1997~2002年ごろなんて完全に音楽やめてましたし)、割と大きな転機だったのが2007年秋、初音ミクが発売したばかりの頃にニコニコ動画にアップしたこれだったと思います。

再生数も伸びたし、絵のついでに入れていた曲に凄い色々な反応をもらえてかなりやる気になりました。(動画後半は自作曲じゃないですが)

もう1つは、OSATOHさんのツテで参加させてもらったMEGAふぇっぷすさんの初音ミクCD「m-i-r-a-i
ゲストとはいえ同人音楽CDに参加したことで、自分で同人CDを作ることを現実的に意識するようになりました。

自身の音楽能力的なものも自分で言うのもなんですがここ1~2年で向上の手ごたえを得て、自分には無理とずっと思っていた変拍子を使った曲作りを少しずつやるように。

そのへんのタイミングで東方Projectにはまって、よし、2次創作やろう! アルバム出そう!と。

現在進行形で盛り上がってるジャンルなので製作中には新しい情報や刺激が常に入ってきましたし、何か作ったり経過を出すとニュースサイトで補足してもらえたのはありがたかったですね。マイペースにオリジナルアルバム製作をやってたら人知れず頓挫していたかも知れません。

モチベーション的にはここ数年で少しずつ音楽製作をしているお知り合いができて、この趣味について話せる人ができたのも大きいですね。

そんな色々な思いが詰まった恐怖の幻想改革、売れ行きも評判もどうなるかフタを空けてみないと分かりません。フタが開くのは29日。さてどうなることやらー。


以下は頂いたweb拍手ー
というわけで恐怖の幻想改革のジャケ絵を制作中
DVC00026.jpg
描き始め。今回はコピックマーカーで下描き。アルコール性なので油彩で流れないので重宝します。

Picture 239
少し塗ってしていった状態。人物から先に塗ってますが、本当は奥→手前の順で塗ったほうが後々楽です

DVC00040.jpg
現在の状態。だいぶ完成が見えてきました。この女の子(レミリア)は吸血鬼なので、右手に血の入ったワイングラスを持たせる予定。



出す出す詐欺続行中の「恐怖の幻想改革」ですが、紅楼夢も見送って冬コミ予定になりました。

サークルの当落はまだ分かりませんが、うちのサークル自体は創作漫画で申し込んでいてジャンル違いなのでYSさんのFragileOnlineが受かったらそちらへ委託させて頂く予定です

また、虎の穴などのショップ委託も(断られない限りは)する予定です。

製作の進行状況の方ですが、ようやく「組曲紅魔館」が通しで聴ける状態になりました。まだパートや演奏のいい加減な部分の調整、ミックスなど残り作業は多いですが、なんとか終わりが見えてきました。
で、組曲紅魔館ですが

kouma1.png

約 3 7 分 半 。

後半はずっと変拍子のターンですし、ちょっとキワモノ的なアルバムになると思います。

kouma2.png

実際はこんな感じで5トラックに分かれます。

中盤以降の展開がかなり陰鬱になったのでアルバムのラスト用に紅楼も作りました。(メロトロンフルートとアコースティックギターをメインにしたゆったりアレンジ)

そんな感じで予定トラックリスト
------

1. 幻想の始まり
            (赤より紅い夢/妖々夢~Snow or Cherry Patal/永夜抄~Eastern Night)
2. チルノのお昼寝 ~夢の中ではさいきょう!
            (おてんば恋娘、他)
3.  In The Dead Of Time(ゲスト:YS(Fragile Online) )
            (月時計~ルナ・ダイアル)

4~8  組曲:『紅魔館』 Concerto Grosso "KOUMAKAN"

i. 陽が落ち、館は闇に包まれる ~ 窓の無い廊下を歩く影たち
            (亡き王女の為のセプテット/ヴワル魔法図書館/メイドと血の懐中時計、他)
ii. 時にのん気でせわしい門番の日常
            (明治17年の上海アリス)
iii 日陰の少女、不安な恋
            (ラクトガール~少女密室/恋色マスタースパーク)
iv 奇術師のナイフは月に踊る ~ 回想:新たな名をつけられた日
            (月時計~ルナ・ダイアル)
v  紅の悪魔
            (亡き王女の為のセプテット、他)

9 お嬢様は眠り、館は静寂を取り戻す
            (紅楼 Eastern Dream)
出す出す詐欺を続けている東方アレンジCD「恐怖の幻想改革」ですが、M3合わせも見送りになりました。うう…すいません…!

仕事もだいぶ落ち着いたので製作は再開しています。うまく完成すれば11月の東方紅楼夢にてFragile Onlineで委託して頂く予定。

難航していた『組曲紅魔館』の製作はようやく最終章のセプテットに突入。30分超えそうです。

DVC00025.jpg
ジャケット絵の制作もぼちぼち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。