上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HDDの自作曲フォルダを見ていたら、2007年に作った自作曲(少し歪んだ空の色)の製作過程が残っていたので、絵描きが趣味で作った曲の製作過程に興味のある方がどれだけいるか分かりませんが貼ってみます(^_^;)

なおこの曲は「イース風味.cpr」というアレなファイル名が付いていました。割とそういう曲ですw

http://db6.voiceblog.jp/data/suidenget/1248223163.mp3
とりあえずコード進行とメロディーをある程度決めて、メトロノーム代わりの簡素なドラムの上に乗せた状態。絵で言うところのラフスケッチ、漫画で言うところのネームの状態です。

この曲のコンセプトは、「基本に帰って(?)とことんシンプルでキャッチーでメロディアスなゲーム曲を作る」 という感じで、コード進行も思いっきりダイアトニックです。

http://db6.voiceblog.jp/data/suidenget/1248223199.mp3
曲の構成が決まった状態。この段階だと全くの初心者みたいなデータです。ここから先の仕上げで完成度が変わるので、どうしようかあれこれ考えます。


http://db6.voiceblog.jp/data/suidenget/1248223291.mp3
楽器の編成や音色がだいぶ固まってきました。あと前段階まではシンプルを強調してコードの基本構成音(トライアド)で押そうと思ってましたが、どうしても色気が足りないと思ったのでバッキングやハモリにテンションノートが増え始めました

http://db6.voiceblog.jp/data/suidenget/1248223390.mp3
アレンジの詰めとミックス処理をして完成。イントロは結局かなりいじりました。(僕はクサメロ系の曲を作る時にIm9を多用しすぎるので封印する予定でしたが、結局また9度の音からスタート) あと無闇に使ってた転調を整理してサビだけに。

製作期間は丸2日。
オリジナル曲は1~2日で作れるのに東方アレンジ(恐怖の幻想改革)8曲を作るのは丸1年かかったのが不思議です。
(あのアルバムは作ってはボツを果てしなく繰り返してました…)
スポンサーサイト
以前からちょっと考えてた東方の昭和ヒーロー物風アレンジを形にしてみました。
Download
『放て!マスタースパーク(TV-Size)』(原曲:恋色マスタースパーク)

なんか少しこの手の曲調の突発的なネタCD作りたくなってきました…(笑) 『合奏!プリズムリバー3』とか『蓬莱人間モコ』とかそんな感じの。東方は叫べそうな必殺技名たくさんありますし。
熱い歌唱ができそうな男性同人ヴォーカリストの情報求む!
2009.03.02 業火マントル

http://db4.voiceblog.jp/data/suidenget/1235975806.mp3

東方地霊殿より、業火マントルの疾走オルガンアレンジ。去年末、少女さとりと同じ日に作りました。息抜きレベルですがシンプルで悪くないかも。
イントロの拍子を5+6に変えてる以外はおおむね原曲重視です。

次CD作るとしたら地霊殿でやりたいと思ってますが、中身にはまだおぼろげな構想しかないので実際に業火マントルをこういう方向性で作っていくかは未定(^_^;
東方地霊殿の後半面の曲が全般的に好みだったので、次東方でアルバム作るとしたら地霊殿メインかなーとぼんやり思いつつ、仕事絵のラフ提出後の返事待ち中に何曲か耳コピしてました。そのうちの1つがこれ。

少女さとり

http://db4.voiceblog.jp/data/suidenget/1230393930.mp3

僕製作の初期段階はよくメロディーとコード進行だけコピってメモがわりにピアノの音でシーケンサーに打ち込んでおくのですが(テキストファイルで調とコード進行だけ書いておくことも多い)、なんかこの曲ピアノでメロディーと和音鳴らしてるだけでもかっこよかったんで、野ざらしのメモ状態から後半ちょっと手を入れて短いピアノアレンジっぽくしてみました。
2008.05.28 地霊殿Arr

DL

というわけで体験版が出たばかりの東方地霊殿の「暗闇の風穴」をやっつけ気味ですがアレンジしてみました。(早朝にアップしたverから少し手を入れました。ソロとか追加 / 26:30 演奏がよれよれすぎたソロを修正)

→以下地霊殿ネタバレ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。